えぞ式すーすー茶の飲み忘れ防止策!

えぞ式すーすー茶の飲み忘れ防止策!

毎日続ける…つもりが!?

えぞ式すーすー茶は基本的に1日に500mlが目安ですが、もちろんそれよりも多くても大丈夫です。

 

でも逆に、ついつい飲み忘れてしまうってことありますよね…

 

「もともとお茶を飲む習慣がない…」
「会社が忙しくて飲まない日がある…」
「ついつい飲むのを忘れてしまう…」

 

別に飲むタイミングが決まっているとか、絶対に飲む量は○○mlのみ!とか決まりはないんですが、
やっぱり、実感力を高めるのなら毎日の継続は大事です!

 

じゃあ、具体的にどうやって習慣化すればいいのか、その方法について触れていきます。

 

毎日継続するための工夫!

ルーティンを作る

ルーティンとはある決まった動きをとることです。

 

・ベッドの横に、あらかじめ作っておいたえぞ式すーすー茶(ペットボトルや水筒に入れておく)を置いて、朝と夜に飲むことを意識する
・食卓にえぞ式すーすー茶とすぐに沸く電気ケトルを置いて、食後に飲むように意識する
・仕事場で、机の上にポストイットを置いて『お茶飲んだ?』などメモを書いておく

 

こういったことをしておけば、効率よくお茶が飲めて飲み忘れも防ぎやすいです。
ただ、場合によってはえぞ式すーすー茶が常温になってしまうのが弱点でしょうか(^^;)

 

どうしても冷えたものが飲みたい場合は、凍らせて持っていく(味はそんなに変わりませんでした)とか、ミニクーラーボックスに入れるなど工夫はしたほうが良いかと思います。

 

いっそのこと作り置きする

ほんとうは、当日中に飲むことが望ましいんですが、作るのがかなり面倒な状態でしたら、2日分(1000ml)をまとめて作っておくと続けやすいかと思います。
多少なりとも味は落ちるかもしれませんが、品質が急に劣化することはなかったので、忙しい方はそれも有りかもしれません。

できればしっかりと煮だして早めに飲もう!

上に書いたのはすべて効率重視なんですが、ほんとうはえぞ式すーすー茶は煮出し用なので、できれば電気ケトルではなく、鍋で煮出すのが理想的です。

 

また、当日中に飲むほうがやっぱり気持ち的に美味しく感じるので、忙しくないときはできる限り

 

・鍋で5分間煮だす(それ以上やると苦くなる)
・当日中に飲む

 

この2点を守って飲むことをオススメしますよ!

 

>>えぞ式すーすー茶を実感しやすくする3つのコツ!