えぞ式すーすー茶で蓄膿症はどうなるの?

えぞ式すーすー茶で蓄膿症はどうなるの?

えぞ式すーすー茶で蓄膿症は改善できる?

 

・ドロリとした黄緑の鼻水が出てくる
・いつも鼻詰まりがして息苦しい
・食べ物や飲み物の匂いがまったくわからない
・なんだか口臭が強くなった(臭いをいつも感じる)

 

風邪ウイルスやアレルギー症状、鼻の形が曲がっているなどが原因で蓄膿症が起きるわけですが、こんな状態に、えぞ式すーす茶がどのくらい役に立つのかというと…

 

残念ながら、あまり期待できないと思います。

 

そもそも、蓄膿症になると副鼻腔という鼻の奥の部分に膿みが溜まった状態になります。

 

また、免疫力が低下していて、ウイルスを身体の外へ追い出せない状態になっているので、その2点を改善していかないといけません。

 

蓄膿症を治すために必要なことは…

蓄膿症を治すためにはいったいどういうことをするのが大事なのか、簡潔に書いていきます。
ポイントは膿みを排出する&免疫力を高めることです。

 

@.鼻うがい器で膿みを排出

鼻の奥に膿みが溜まるのは、ウイルスを排出する力が低下(免疫力の低下)しているからです。
それを補助するために、鼻洗浄器”を使って鼻うがいをしましょう!
ちなみに、真水でやると鼻がツーンとするので、生理食塩水を使うと良いです。

 

A.横になって膿みを出す

手軽でお金をかけない方法もあります。
膿みが溜まっている方を上にして横になると、鼻水が流れ出てくる感覚が出てくるので、
そこで鼻をかみます。
これを繰り返して膿みを出すことが可能です。

 

B.空気をキレイに&マスクをする

ホコリ、ハウスダストなど、空気中にはあらゆるウイルスがはびこっています。
空気清浄機などで空気中のウイルスを減らし、マスクで体内への侵入を防ぎましょう。
また、できればこまめに部屋を掃除しておきましょう。

 

C.食生活改善で免疫力アップ!

いまある膿みをいくら排出しても、免疫力が低いままじゃまた膿みがまた溜まってしまいます。
食生活を改善して、免疫力を高めて膿みを排出する力を高めましょう!

 

・甘いお菓子や糖度が高いフルーツの量を減らす
・動物性のたんぱく質をなるべく控える
・野菜や糖度が低めのフルーツを摂る(食物繊維やビタミンが豊富)
・ミネラル豊富な海藻類(わかめやのり)、納豆、きのこ類などを摂る

 

基本的には、バランスよくいろんな食品を摂ることが大事です。

 

軽度なレベルなら、自宅でこの4つの点を意識するだけでもだいぶ違うと思います。

 

ただ、かなりの重症(鼻や耳が痛い、食欲がなくなるレベル)の場合は病院へ行き、
薬物療法や手術でしっかりと治しましょう!

 

いまは技術も進歩していて、必要以上に鼻腔内を傷つけない方法もあるので、怖がらずに病院へ行くことをオススメします。