えぞ式すーすー茶はノンカロリー+ノンカフェイン!

えぞ式すーすー茶はノンカロリー+ノンカフェイン!

えぞ式すーすー茶をつい飲み過ぎちゃっても大丈夫!

甘くておいしいからついつい飲み過ぎちゃう・・・となると心配なのがカロリーやカフェインだと思います。

 

でも、えぞ式すーすー茶は1日の目安500mlを飲んでもカロリーは1キロカロリー前後で、しかもノンカフェインなんです!

 

眠くなる心配がないから、仕事のときや昼に飲んでもぜんぜん大丈夫です!

 

ついでに言えば、太りやすくなる深夜に飲んでも太ることもないので安心です(^^*)

 

わたしの場合、ステンレス製の保温ボトルに沸かしたお湯とえそ式すーすー茶のパック1袋を入れてよく持ち歩くことがありますが、それでもじゅうぶんなくらいスースー通る快適生活です!

 

もちろん、沸騰させて煮出したほうがもっと濃く抽出できるとは思うんですが、わたしのように水筒で持ち歩くといつでも飲めるしけっこう便利ですね。

 

実感度を上げるためには1日500mlを3回に分けて空腹時に飲むことが良いそうなので、いつでも飲める水筒が個人的におすすめです!

 

薬と一緒に飲んでも大丈夫!

基本的に健康茶であって薬ではないので、あなたがもしなにかしらの治療で薬を飲んでいても問題なくすーすー茶が飲めますよ!

 

快適工房さんの話だと薬との飲み合わせで悪くなったという事例はないそうで、とくに悪くなったというクレームは出ていません。

 

ただ、不安があるようでしたらこのお茶を飲む前にかかりつけのお医者に相談することをおすすめします。

 

かなり甘い!もうすこしあっさり味がいい場合は?

ノンカロリーなんですが、このお茶かなり甘いんですよね(^^;)

 

もしかしたらそれが気に入らないっていう人もいるかもしれません。
その場合は、作り方を変えてみてください!

 

単純に、お湯の量を増やすだけで味はけっこう変わるので、500mlで試している場合は700mlに増やしてみると薄味になるので飲みやすくなると思います!

 

※5分間煮出したあとはパックは取り出しましょう

 

えぞ式すーすー茶の作り方

えぞ式すーすー茶は煮出し用なので水ではなくお湯で作ります。

 

◆その1.鍋(もしくはやかん)で作る場合◆
@500mlの水とパック1包、鍋とティーポット(持ち運ぶ場合は水筒)を準備してください。
A鍋に水500mlを入れて一度沸騰させます。
B沸騰させたお湯にパックを入れて、約5分間煮出します。
Cそのあとにパックを取り出したらティーポットや水筒に入れて完成です!

 

◆その2.電気ケトル(ポット)で作る場合
@↑と同じように500mlの水とパック1包、ケトル、それとティーポット(持ち運ぶ場合は水筒)を準備します。
Aケトルで沸騰させたら、お湯をティーポット(もしくは水筒)に移します。
Bそうしたら、ティーポット(もしくは水筒)の中にパックを入れて5分間そのまま放置します。
Cそのあとはパックを取り出して完成です!

 

※鍋ややかんで5分間煮続けたほうがより良い成分が抽出されるので、その作り方をおすすめします。

 

火を使わず手間がかからないのでついその2で作ってしまうことが多いんですが、できる限りその1の作り方をしたほうがより濃く成分が抽出できます!

 

ちなみに、煮出したあとパックを入れっぱなしにしたことが1度あったんですが、苦味が出てしまいまずくなってしまったので必ずパックは取り出すように注意したほうが良いです!

 

取り出すときは菜箸などあると便利です。

 

>>えぞ式すーすー茶にお試しセットはあるの?

>>えぞ式すーすー茶の味はうまい?まずい?